中之島文楽/【疑問・質問】回答コーナー

  • 【疑問・質問】への回答(竹本織太夫 編)

    お答えいただいたのは、太夫の竹本織太夫さんです。

    竹本織太夫(たけもとおりたゆう)
    昭和58年6月、豊竹咲太夫に入門、豊竹咲甫太夫と名のる。昭和59年10月、文楽協会研究生となる。昭和61年3月、素浄瑠璃の会「傾城阿波の鳴門」の巡礼おつるで初舞台。平成5年6月、文楽鑑賞教室「団子売」のツレで文楽初舞台。平成30年1月、大阪・国立文楽劇場において、六代目竹本織太夫を襲名、「摂州合邦辻〜合邦住家の段」で披露。

    Q. 大阪のおすすめスポットを教えて下さい。

    幼少期に祖父と過ごした天満橋八軒屋浜にあった石町のマンションからよく出かけた中之島公園のバラ園は、「大阪みどりの百選」にも選ばれていて、文楽錦秋公演の頃(10月末から11月上旬)には、310種、約3,700株のバラが咲き誇り、5月には、89種類、約4,700株ものバラが満開になります。

    Q. ほかの芸能や舞台を観て参考にすることはありますか?

    歌舞伎や能には勉強にうかがいます。

    Q. ご自身が文楽を観るなら、座席はどの辺りで観ますか?理由も教えて下さい。

    5~8列の23番~27番辺りです。首を左右に振ることなく床の太夫の声や息づかい、三味線の細やかな技術や、音の迫力を味わって頂くことができて、人形も舞台全体を視覚的にカバーできると思います。

    Q. 失礼とは思いつつ…、時々太夫さんの語りと三味線が心地良くてウトウトしてしまいます。それもまた気持ちが良いのですが…。舞台や床から見て居眠りをしているお客さんがいると気になりますか。

    とても贅沢な時間ですね。カラダに浄瑠璃と劇場の空気がお客様にマッチしているということですね。私は気になりません。睡魔と戦っているお客様は愛らしいです。

    Q. コロナ禍でなかなか外国には行けませんが、好きな外国はどこですか?

    イギリス・ロンドンです。語学留学でスコットランド・エディンバラに居ましたが、毎週金曜日にはエディンバラ駅から寝台列車に乗ってハリーポッターの“9と4分の3番線”で有名なキングスクロス駅に朝到着して、土日はロンドンで買い物をしたり、美術館に行ったりして遊んでいたので大人になったのでまた訪れたいです。

    Q. 分身を使って同時に二つの人生を送ることができるとしたら、文楽座の技芸員と何になりたいですか。

    文楽座の三味線弾きになってみたいです。

    Q. 耳を慣らしたいので、おすすめの浄瑠璃のCDを教えて下さい。

    八代目竹本綱太夫と九代目竹本綱太夫のCDです。

    Q. お師匠様か周りの先輩方に関わらず、今まで心に残っているアドバイスはありますか?

    七代目鶴澤寛治師匠の言葉で「あんたはあんたの富士山を描いたらええねんで」。文楽には家元制度が無い為、太夫の師匠方から言われる事は全部が正解です。しかし何人もの先輩から違う事を言われている時に救われた言葉です。

    Q. 日常生活でやってしまう「職業病」はありますか?

    芸能界ではその日に初めて会う人には「おはようございます!」と挨拶しますが、プライベートで友人に会う時に夜でも「おはよう!」と挨拶すると不思議な顔をされます。

    Q. 演目の最中に「くしゃみ」や「咳」が出そうになったことはありますか?そんな時はどうして対処しますか?

    「くしゃみ」は出たことが無いですが、「咳」は出ます。しかし良い緊張をしていると出ませんし、出ても、太夫はおぼろのタオルとさらしを持って舞台に上がっているので(それらで)口を塞いだりします。演奏が止まるような「咳」は無いですね。

ページの先頭へ戻る